Home - Japan
2021年7月14日以降、マルタへの旅行は、完全にワクチン接種を受けた人のみ許可されます。
現在、新型コロナウイルス感染者数が増加していることを受け、マルタ保健省は別途通知するまで語学学校は閉鎖することとすると発表しました。
また、航空・船の旅について、7月14日以降、12歳以上の観光客はワクチンを2回接種し、2回目の接種から14日後に発行される以下のワクチン接種証明書の所持を条件にマルタへ旅行できると発表しました。
(Johnson&Johnsonの場合は1回接種)

•マルタのワクチン接種証明書
•EUデジタルCOVID証明書
•NHSCOVID Pass Letter/ NHSアプリ(英国)

マルタに入国する全搭乗者は、Passenger Locator Form (PLF)を提出する必要がある。2021816日以降オンラインのみでの提出となり、これまでの紙申請は使えない。

https://app.euplf.eu/#/ にアクセスし EU-dPLFプラットフォーム経由で、自分の乗客名簿フォーム (PLF) を提出することが認められている。送信されたPLFは、到着時にQRコードとともにデジタル形式またはプリントアウトとして提示できる。紙のPassenger Locator Formはマルタでのチェックイン時または到着時に受け付けられない。
Visa services have resumed on 3 August 2020



  • If you have coronavirus symptoms dial 111 or 2132 4086
  • If you are stuck abroad and need assistance dial 00356 2204 2200
  • If you are in quarantine and need help, including food or medicine delivery, dial 2141 1411
  • If you need education-related advice dial 2598 1000​​​​

Welcome to the webpage of the Embassy of the Republic of Malta to Japan.

Located as they are in two different continents and over 10,000 kilometres apart, Malta and Japan bear several notable commonalties which include the national hues, both countries being islands and maritime nations, as well as the democratic credentials like respect for freedom, rule of law, democracy and human rights.

Formal diplomatic relations with Japan were established in 1965, yet historical connections go back to 1862, when a Japanese diplomatic mission visited Malta on its way to Europe in what was perceived as a diplomatic and trade overture towards the Western world. In World War I, Japan had a maritime squadron stationed in Malta in defence of Allied convoys. Crown Prince Hirohito also visited Malta in 1921 and planted a cherry blossom tree at San Anton gardens to symbolize the friendship between our two nations.

After 55 years of friendly bilateral relations, Malta is now opening a Diplomatic Mission in Japan with a Resident Ambassador. This is the result of a culmination of an increased intensification of both political and economic relations achieved during these last years.  Of note is the official visit of the Japanese Prime Minister, Shinzo Abe, on May 27, 2017, the first of its kind by a Japanese prime minister. This was reciprocated by an official visit to Japan by the then Prime Minister, Joseph Muscat, accompanied by a sizeable trade delegation from July 30 to August 2, 2018. The formation of a joint Parliamentary Friendship Group in both countries was a significant development in nurturing closer relations and, more recently, the visit to Tokyo of the President of the Republic of Malta, H.E Dr. George W. Vella in October 2019 on the occasion of the Enthronement Ceremony of His Majesty, the Emperor of Japan, signified the deep mutual respect the two countries currently hold.

At a horizontal level, the economic relations between Malta and Japan are also going from strength to strength. Japan is one of the largest export markets for Malta mainly thanks to tuna exportation and an important trading partner in technology, automobiles and parts. Tourism and English language learning are also two important sectors registering substantial increases in Malta. Japanese visitors are welcomed with open arms to Malta as they complement the tourist diversification market in a cross-cultural dimension. On a similar footing, Maltese travellers are increasing including Japan in their visits to the great Orient during these last years.

The Embassy shall be a permanent point of reference to both Maltese residents in Japan and Maltese travellers to Japan while providing with consular assistance while sojourning in Japan. Without doubt, the upcoming Olympic and Paralympic Games, as well as the World EXPO 2025 in Osaka shall project Japan as a popular travel destination to Maltese visitors as well.

As Malta’s diplomatic representative in Tokyo, I am confident this Mission shall further assist with a deeper understanding of multi-faceted relations between the two countries. Please do not hesitate to contact the Embassy should you wish to obtain more information and assistance.

Tokyo, September 15, 2020
Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Republic of Malta to Japan
André Spiteri


駐日マルタ共和国大使館の公式ウェブサイトへようこそ

1万キロメートル以上離れた異なる大陸に位置するマルタ共和国と日本は、自由の尊重、法の支配、民主主義や人権といった民主的信任はもちろんのこと、国旗の色、両国とも島国の海洋国家であることなど、いくつかの注目すべき共通点があります。

日本との公式な外交関係が樹立されたのは1965年ですが、歴史的な関係としては、日本の西欧諸国との外交・通商の序章と認知されているのですが、日本国外交使節団が訪欧した際の途中マルタを訪れた1862年まで遡ります。
第一次世界大戦時、連合軍の輸送船舶を護衛するため旧日本海軍の艦隊はマルタに駐留していました。1921年には裕仁皇太子(のちの昭和天皇)もマルタを訪問され、両国の友好親善の象徴としてサン・アントン・ガーデンに桜の木を植樹なさいました。

55年の友好的な両国関係を経た今、マルタ共和国は日本に大使常駐の外交使節団を開設いたします。このことはこれまでの過去の長い月日で構築された政治および経済関係がより強固になり最高潮に達した成果と言えます。記憶に新しい注目すべきことでは2017年5月27日、安倍晋三首相によるマルタ訪問ですが、日本国総理大臣としては初めての公式訪問でした。
これに対して当時のマルタ首相(ジョセフ・マスカット)と大規模な政府貿易使節団は2018年7月30日~8月2日の日程で返礼の公式訪問を行いました。
日・マルタ双方国内で友好議員連盟の結成がなされたことは、更なる親善促進において意義深い進展でありました。そして直近では2019年の令和天皇の即位礼正殿の儀にジョージ・ウィリアム・ヴェラマルタ共和国大統領が参列したことは現在の二国関係の深い相互尊重を体現しております。並行してマルタと日本の経済関係もますます強固なものに進化しております。マルタにとって、日本は最大の輸出市場のひとつであり、これは主にマグロの輸出の恩恵によるのですが、技術、自動車、部品の分野においては重要な貿易相手国です。
観光と英語教育も同様に目覚ましい成長が認められる2つ重要な産業分野であります。
異文化という局面において観光市場の多様性価値をたたえる日本人はマルタで大いに歓迎されます。
並行してマルタ国籍の旅行者もこの近年、日本を含む大規模なアジア地域において増加し続けております。
マルタ共和国大使館は在日マルタ人、そして日本に滞在中のマルタ人旅行者への領事関連サービスを行う常設の照会機関であります。言うまでもなく、来るオリンピック・パラリンピック、さらに2025年大阪で開催される大阪万博はマルタ人旅行者にとって日本は人気のある旅行先となることでしょう。

在京マルタ外交使節の代表として、当大使館が多くの分野において両国間の更なる相互理解促進を支援すべきものであると確信しております。
より詳細な情報の入手、我々の手助けなどを必要とされる場合は、是非とも大使館へご連絡頂ければ幸いです。

2020年9月15日
駐日特命全権大使
アンドレ・スピテリ